ビタミンC誘導体ってどういう成分?

ビタミンC誘導体ってどういう成分?

化粧品に有効成分として配合されているビタミンCは基本的にはビタミンC誘導体という形になっていると思います。


ビタミンCはそのままの形では肌に浸透しません。この浸透しにくいビタミンCを肌に浸透するように 改良したのがビタミンC誘導体で、浸透しやすいようにビタミンCにリン酸基のような脂溶性のものを結合させてあります。


ビタミンCをどんな成分と結合させたかによってビタミンC誘導体にも種類があります。いくつか紹介しておきますね。


・アスコルビン酸グルコシド
・リン酸アスコルビルMg
・アスコルビルリン酸Na
・アスコルビルエチル
・アスコルビルリン酸硫酸2Na
・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
・ジパルミチン酸アスコルビル
・パルミチン酸アスコルビル酸3Na


「ビタミンC誘導体配合」というものも成分表示をみると以上のような違いがあるんですね。チェックしてみると面白いかもしれません。 なお、だいたい化粧品に配合されているものは「リン酸アスコルビルMg」だと思います。

ビタミン誘導体配合とピュアビタミンC配合、どっちがいいの?

ビタミン誘導体配合とピュアビタミンC配合、どっちがいいの? ビタミンC誘導体は肌へ浸透すると、リン酸基などの誘導物が外れて、ビタミンCとしての働きをしてくれます。 ビタミンCの肌に対する作用やニキビ・ニキビ跡に対する効果というのはすでに説明したとおりです。


この浸透してから誘導物が外れてビタミンCとしての働きを発揮するまでに時間がかかるという点がビタミンC誘導体のデメリットとしてばデメリットであり、 ピュアビタミンCをそのまま配合したビタミンCコスメの違いとしてよく比較されるポイントになります。


ニキビや毛穴により即効性があるのはピュアビタミンCを配合したものといわれるのもこういう理由があります。 ※もちろん早く結果を出すことにこだわりがなければ大したデメリットにはなりません。


今は昔と違って、化粧品の開発技術も進み、ドラッグデリバリーシステムの進歩もあってピュアビタミンCをそのままの形で配合し、なおかつ浸透するように設計されているビタミンCコスメも増えてきています。


ある意味、ビタミンC誘導体を配合しているか、ピュアビタミンをそのまま配合しているかでその化粧品に搭載されているデリバリー技術、製造元メーカーのレベルがわかるといっても過言ではありません。


技術力の差は肌への結果に影響します。 オバジCに配合されているのは?
Copyright © 2014 オバジCのニキビ・ニキビ跡への効果ってどう?· All Rights Reserved·