ビタミンC誘導体入りの化粧水の効果は?

ビタミンC誘導体入りの化粧水の効果は?

化粧水自体はスキンケアにおいてたいした役割は果たしていません。


あるとしたら肌をみずみずしく整えるとか、後で使う美容液やクリームの浸透を促すというぐらいで 化粧水を使うようになって肌の状態がよくなるということはあまりないです。


とはいっても使うからには効果を求めたいという人もいると思います。そういう人にはビタミンC誘導体入りの化粧水がおすすめ。 もともとビタミンCが水溶性ということもあって化粧水に入れる成分としては相性がいいんですね。


ただ、ビタミン誘導体という有効成分が配合されているといっても化粧水に配合しているのはごく少量ですから、 おすすめとはいってもそこまで効果は期待しないでください。


ビタミンC誘導体の配合量を増やすと、それは化粧水ではなく美容液の範疇に入ってきますから有効成分の効果を期待するのであれば化粧水ではなく最初から美容液を選ぶようにしてください。当然、お金をかけるのは美容液のほうです。

化粧水と美容液で有効成分(例:ビタミンC)を揃えると効果アップ!?

化粧水と美容液で有効成分(例:ビタミンC)を揃えると効果アップ!? 有効成分を重ねることで一般的に作用が増強されます。


化粧水・美容液・乳液&クリームをセットで使うことをライン使いといいますが、メーカーは基本的にライン使いすることを前提に 製品を設計しているのでそれぞれの組み合わせの妙や相乗効果というのが期待できます。


では、同じメーカー、ブランドじゃないんだけれど、同じ有効成分であれば化粧水と美容液の有効成分はそろえたほうがいいのか?というと答えは「YES」です。 有効成分を統一することでよりその効果を実感できると思います。


とはいえ、化粧水と美容液を揃えるより、美容液とクリームを揃えるほうが一般的には効果が高まるといわれています。 もともと有効成分の配合量が少ない化粧水はたいして役に立ってないということもあるでしょうね。


スキンケアはあくまで自分の肌とって感触がいいものを使うのがいいので、無理にライン使うする必要はないです。ただ、美容液を中心に組み立てていくというのは基本なので、 ビタミンC美容液を使うのであれば、その効果を増強するものや弱点である保湿力を補うものを考えたほうがいいと思います。


ただ、気をつけてほしいのはしっかり効果を実感するためには適切な量を使うということです。量をケチって使うのはもちろん、多すぎてもダメです。 たっぷり使えばいいというものではないことも頭にいれておきましょう。


肌へのやさしさもポイントです。 今人気のビタミンC美容液を解説!
Copyright © 2014 オバジCのニキビ・ニキビ跡への効果ってどう?· All Rights Reserved·